2015年4月6日

意外に低い? 日本の労働生産性"ホワイトカラーの生産性を上げる"IT-Officeのコンセプト

投稿日:2015年4月6日


意外に低い? 日本の労働生産性は「先進国最下位」

日本の労働生産性は、米国やドイツなどと比べて低く、OECD加盟国中20位、主要先進7カ国中最下位という現状が何年も続いています(下グラフ)。
日本の生産性の動向 2014年版より
しかし、製造業の生産性だけを見ると先進7カ国中3位。つまり、製造部門の生産性は高く、ホワイトカラー部門の生産性は低いのが日本の実態です。
労働生産性とは、労働力(単位時間当たりの労働投入)に対してどれだけの価値を生むことができたかで求められます。従って、少ない労力でより多くの利益を得ることが、生産性が高い状態といえます。
では、ホワイトカラーの生産性を高めるにはどうすればよいのでしょうか?


iTEMの生産性を高めるソリューション「IT-Office」

その答えは、iTEMのソリューション「IT-Office」にあります。IT-Officeは、オフィス環境や業務のあり方、IT活用方法、人材教育体制の導入などをご提案し、企業の生産性を高めるトータルソリューションです。具体的には、以下のようなメソッドを用いて生産性の向上を図ります。



【生産性を高めるためのメソッド】

生産性を上げる= 「労働時間を減らす(効率化)」×「付加価値を上げる(高付加価値化)」

※「労働時間を減らす(効率化)」

=>無駄の削減(WQC™=ワーク・クオリティ・コントロール)

※「付加価値を上げる(高付加価値化)」

=>知の創造(VKM™=ビジュアル・ナレッジ・マネジメント)


IT-Officeコンセプトイメージ

WQC™とVKM™ベースに業務の仕組み改革やコミュニケーションの活性化、経営のスピード化を実現し、成長企業・中小企業が成長するためのオリジナル基盤を提供します。


この記事をシェアする
ビジネスのご相談を受付中です
お気軽にお問い合わせください
  • iPhone、iPadのビジネス活用を検討している
  • 残業時間を減らしたい、業務を効率化したい
  • 社内コミュニケーションを活性化したい
  • セキュアなネットワーク環境を構築したい
  • ペーパーレス化を推進していきたい
お電話でのご相談は
0120-307-870
平日10:00~18:00
セールス・勧誘は
ご遠慮ください
 
Copyright © 2010- Net Brains and iTEM All Rights Reserved.
Template Design by BTDesigner Published.. Blogger Templates • Powered by Blogger
back to top