2015年4月10日

達人ノウハウを伝授するなら“動画”が一番!

投稿日:2015年4月10日

難しい作業手順やノウハウ、必ず知っておいてほしい情報を、確実に社員に伝えるなら、文章や図よりも「動画」を使う方法が効果的。さまざまなシーンに動画を取り入れ、ノウハウの蓄積や社内情報の共有を行うのが「VKM™」です。

わかりにくいことも、「動画」ならしっかり伝わる!

社員に知っておいてほしい知識・ノウハウ・各種情報を、どのような方法で伝えていますか?
 例えば、機器の操作方法や作業手順、新製品の情報、電話応対の仕方、営業マンのトークなど。文章と図のマニュアルだけではなかなか理解が難しい情報もあります。しかし映像なら一目瞭然。微妙なニュアンスやその場の雰囲気も、確実に伝えることができます。そんなコンセプトで生まれたのが「VKM™」です。
文章と図(写真)だけでも多くの情報を伝えられますが、動画のわかりやすさにはかないません。社内で動画を活用するメリットには、以下のようなものがあります。

・動画を使うことで、事実を正確に客観的に伝えることができる。
・文章では表現しきれない雰囲気までも伝えることができる。
・早送り・早回ししながら見ることで時間を節約できる。
・会議の議事録などの代わりになり、文書作成の手間を省ける。
・距離や時間帯に関係なく研修・セミナーを開催できる。


これらのメリットによって、社内に隠れた知識やノウハウ、必ず知っておいてほしい情報などを正確に伝えることができるのです。

簡単に投稿・閲覧。コミュニケーションが活性化

実際にVKM™を利用する方法についてご説明しましょう。まず、撮影に使うのは小型デジタルビデオカメラ。昨今では2万円程度から高性能で操作が簡単な製品がたくさん出ているのでこれを利用します。社内各所に配置し、思い立ったときに気軽に動画を撮影してもらうようにします。

撮影した動画は一旦PCに取り込んだ後、専用のサイト(Google Video for business)に投稿します。動画の検索・閲覧はパソコンだけでなくiPhoneなどのスマートフォンからも可能。動画共有サービス「YouTube」と同様の直感的な操作で、動画の投稿、検察、閲覧といった作業をスムーズに行えます。VKM™では、これらのビデオカメラやシステムの導入・設定、導入後のサポートを含めた総合的なサービスをご提供します。
単に動画を撮影して保存しておくだけでは、利用者に見てもらえなくなるおそれもあります。その点、Google Video for businessには活用度をアップするための機能が備わっています。

 例えばトップページを開くと、閲覧された回数の多い「人気の動画」が上位に現れるようになっています。「多くの人が見る動画=重要な情報」と考えることができ、利用者は直感的に「見ておこう」と考えます。重要情報を全社員に確実に伝えることができます。

また、動画にコメントを書き込んだり、☆印で5段階の評価をつけることができます。動画を軸にさらにユーザー間のコミュニケーションを高めていくことになります。

VKM™は、製品やソフトの操作マニュアル、会議の内容、新人教育や勉強会などの内容、社長からのメッセージ、展示会やイベントの記録、商品知識の説明など、あらゆるシーンで活用できます。

 動画の活用がごく簡単できるため、利用者の日常業務のなかにスムーズに浸透できるのが特長。あらゆるものを撮影し、保管しておくことが習慣として定着します。今まで社内に隠れていた知識やノウハウが動画のかたちで蓄積され、それが確実・スピーディーに全社員に広がるようになります。



この記事をシェアする
ビジネスのご相談を受付中です
お気軽にお問い合わせください
  • iPhone、iPadのビジネス活用を検討している
  • 残業時間を減らしたい、業務を効率化したい
  • 社内コミュニケーションを活性化したい
  • セキュアなネットワーク環境を構築したい
  • ペーパーレス化を推進していきたい
お電話でのご相談は
0120-307-870
平日10:00~18:00
セールス・勧誘は
ご遠慮ください
 
Copyright © 2010- Net Brains and iTEM All Rights Reserved.
Template Design by BTDesigner Published.. Blogger Templates • Powered by Blogger
back to top