2015年4月11日

iPadで業務効率化 "すきま時間"の有効活用

投稿日:2015年4月11日

すきま時間の有効活用で業務効率化
iPadやiPhoneを活用して得られるビジネス効果で特筆すべきことは、ワークスタイルが大きく変化するということです。

時間短縮・効率化(AnyDevice AnyWhere)

業務を効率化するには、いつでも、どこにいてもビジネス情報にアクセスできるような環境が必要です。iPadやiPhoneは、モバイル環境においてその効果を大いに発揮できるデバイスです。これによって、いわゆる業務のすきま時間(待機時間、移動時間)を有効に活用でき、ビジネスの大幅効率化が実現します。

AnyDevice AnyWhere

ワークスタイルがかわる

言うまでもなく現代のビジネスにおいてスピードは最優先事項。通信機能を備えたiPad・iPhoneを持ち歩けば、場所や時間を問わず素早い対応が可能になります。

  ・いつでもどこでもメールを送受信し、素早いレスポンス
  ・電車で移動する合間に、さまざまな業務情報をチェック
  ・グループウェアやSFAなどのWebサービスを、場所を選ばずに利用。

iPadやiPhoneはそれ自体がビジネスの基盤となりえるツールであり、利用することで業務スピードの向上や時間の有効活用が実現し、ワークスタイルそのものが変ってきます。


≫トヨタ流文書の活用で月額4万円以上のコスト削減した事例を見る


この記事をシェアする
このメディアは、Web制作会社「iTEM」のテストマーケティングサイトです

このメディア運営から得たマーケティングノウハウをお客さまにフィードバックしています。Webサイトからの商談件数を増やしたい、ホームページを改善したい、オウンドメディアを運営したい等々のご要望がございましたらお気軽にお問い合せください。

お電話でのお問い合せは
0120-307-870
平日10:00~18:00
セールス・勧誘は
ご遠慮ください
 
Copyright © 2010- Net Brains and iTEM All Rights Reserved.
Template Design by BTDesigner Published.. Blogger Templates • Powered by Blogger
back to top